確かな演出力と美しさ!映画『ムーンライト』を考察してみた





今年のアカデミー賞で話題となった映画『ムーンライト』をいくつかのシーンを取り上げながら、どの様な映画だったのかを解説・考察していきます。具体的なシーンを取り上げてネタバレしているので、鑑賞後に読んで頂くことをおすすめします。

『ラ・ラ・ランド』を抑え作品賞を受賞した『ムーンライト』


出典:映画『ムーンライト』‏ 公式Twitter

第89回アカデミー賞は、作品賞の受賞作を発表し間違えるというハプニングが起こり、日本でも話題となりましたが、大本命と言われた『ラ・ラ・ランド』を抑えて作品賞を受賞したのは『ムーンライト』でした。

『ラ・ラ・ランド』と比べると地味そうな作品ですが、一体この『ムーンライト』の魅力はどこにあるのでしょうか?解説・考察をしていきたいと思います。

黒人・貧困・ゲイという3重のマイノリティを背負った主人公

アカデミー作品賞史上初!主要キャストが全員黒人


出典:映画『ムーンライト』‏ 公式Twitter

今作はアカデミー賞の作品賞、脚色賞、助演男優賞を獲得しましたが、主要キャストが全員黒人の映画が作品賞を獲得したのは今作が初です。黒人奴隷を題材にしたアカデミー作品賞映画に『それでも夜は明ける』がありますが、今作との共通点としてブラッド・ピットが製作を担当したことが挙げられます。

ブラピは映画制作会社「プランB」を2002年に設立して以降、製作として大成功を収めており、長編映画はまだ1本しか撮っていない新人監督バリー・ジェンキンスがここまで注目されたのには、ブラピの影響力が大きかったと言えるでしょう。

1980年代のマイアミ、「麻薬地区」が舞台

主人公シャロンの住んでいる地域はマイアミ、リバティスクウェアの「麻薬地区」と言われる貧困住宅地。年代は具体的には触れてないものの、シャロンの成長から逆算して恐らく1980年代であることが推測されます。

80年代のマイアミはクラックブームの全盛期であり、メデジン・カルテルなどの活動によって中南米、カリブからのコカインが大量に流入していました。当時のマイアミの貧困層とコカインは切っても切れない関係にあったのです。

史上最も美しいゲイの恋愛映画

黒人、家庭は貧しく親がドラッグ漬け、であることに輪をかけて、シャロンは自身がゲイであることに気付きます。今作はこのゲイであるということに最もスポットを当てており、ジャンルとしては「恋愛映画」と言うことが出来ます。具体的には後述しますが、素晴らしい映像表現のお陰で、ゲイを題材とした映画としてはアン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』に並ぶ、美しい映画になっています。

主人公の内面を見事に表現した確かな演出力

言葉ではなく目で語る!シャロンの表情の変化に注目


出典:映画『ムーンライト』‏ 公式Twitter

今作の主人公シャロンはずっと俯いたままで言葉が少なく、思わせぶりとも取られかねない演技が多いのですが、些細な表情の変化でしっかりと心情を語っております。シャロンは少年期、思春期、青年期の3パートに分かれて3人の役者が演じておりますが、3人すなわちシャロンの顔の特徴として、顔面に対して顔の個々のパーツが大きいことが挙げられます。

この特徴を活かしてシャロンは言葉以上に自分の意思を相手、我々観客に伝えています。特に注目すべきは目です。普段俯いているシャロンが相手のふとした言葉に対してチラッと目を向けます。この演技一発でシャロンの心情を語ることができています。

冒頭のシーンから垣間見える演出力の確かさ

具体的なシーンを取り上げて、この映画の演出力を見てみたいと思います。映画の冒頭、シャロンはクラスメートから追いかけられて廃墟に逃げ込みます。そして廃墟の一室に閉じこもり、部屋の隅で丸くなります。

この廃墟は実は麻薬ディーラーの在庫保管場所として使用されており(このシーンの前でディーラーの会話の中で自然に説明されている)、シャロンが閉じこもっている部屋に、マハーシャラ・アリ演じるディーラー、フアンが在庫を確認しにやって来ます。

フアンは鍵がかかった部屋の窓を強引に外して部屋に入り、中にいるシャロンに気付きます。そして部屋のドアを開けて、シャロンを昼食に誘います。シャロンはしばらく黙ったままでしたが、次のシーンでは2人はレストランで客席に座っています。