『3月のライオン』天才棋士・宗谷冬司は神 or 悪魔!?





名人・獅子王・棋神・聖竜・玉将の計5冠を有している天才棋士・宗谷冬司。時に将棋の神と評され、時に人間の形をした悪魔と評されるなど、とにかくつかみどころの無いキャラです。実写映画版で零を演じた神木隆之介も零以外の中では好きなキャラナンバー1に宗谷冬司をチョイス!そんな宗谷を徹底解剖しちゃいます!

『3月のライオン』宗谷冬司とは?


出典:TVアニメ『3月のライオン』公式Twitter

宗谷冬司は、名人・獅子王・棋神・聖竜・玉将など棋匠と棋竜以外のすべてのタイトルを保持している天才棋士です。30代後半だというのに、その外見はまるで中学生のように若々しく、零同様、中学生のころからプロ棋士として活躍しています。

棋士として超一流の宗谷ですが、将棋以外の場面では天然ぶりを発揮することも。常に誰かが横にいて世話をしないと危なっかしいという幼い面もあります。

【関連リンク】アニメ『3月のライオン』はhuluで全話配信中!

宗谷冬司の将棋

まずは宗谷冬司がいったいどんな将棋を指すのか、対局中の癖などを対戦相手ごとに振り返ってみます。

【獅子王戦第四局】宗谷冬司v.s.島田開

前夜祭で島田の体調不良を見抜いた宗谷は、撮影などある程度のきりがついた時点で島田に部屋に帰って休むようにと促します。あとは自分が引き受けた…と。将棋以外では天然な宗谷ですが、将棋が関わってくると嗅覚を発揮し、相手の体調などわずかな変化をも見逃しません。

宗谷と島田は互いに一歩も引かぬ攻防を続けていましたが、二日目島田の攻めがとまり、とうとう宗谷の反撃が始まります。そのイメージは雪。どんなにもがいても圧倒的な美しさで静かに埋め尽くしてくる雪です。

が、実は7九角と打てば島田の逆転となっていた…ことを感想戦で宗谷が示します。「気づかなかったね…君は僕を信用しすぎだ……美しかったのに…」という言葉とともに。ああ、カッコいい…!

ちなみにこの島田が気づかなかった7九角は、なんと解説者として鎮座していた零がその場で気づきます。その場にいた棋士全員が宗谷の大差での勝利を信じて疑わなかった場面で、です。この二人には何か相通ずるものがある、と言えるでしょう。

『3月のライオン』努力の人・島田開の名言&川本あかりとのフラグ考察

2017-03-31

【名人戦第二局】宗谷冬司v.s.隈倉健吾

柳原によると、宗谷と隈倉の関係は、「お互いにお互いが相手のことを力いっぱいブン回しても壊れないおもちゃだと思ってるからな」というものらしいです。

二人の対局は非常に頭を使うもののようで、脳の栄養にはブドウ糖…ということで、おやつタイムの中継が名物となっているそう。隈倉はケーキ3個を瞬殺!宗谷はレモン3切れ入りのレモンティーにブドウ糖の固まりをドボドボっといれたものを!

そしてここでも宗谷は鮮やかな幕切れを用意します。夕食休憩後、残り時間も少なくなってきた折、4四角という妙手を宗谷が指します。この一手、その場にいる解説者も誰もが「?」となるような特に意味の無い一手に見えました。が、実はこの直後に隈倉は投了を宣告します。きっちり17手で詰んでいたのです。

【記念対局】宗谷冬司v.s.桐山零

零はまだB級に属しているので、本来ならば宗谷との対戦はほぼあり得ません。が、零が新人戦のタイトルをとったことにより、宗谷との記念対局が実現しました。

実は宗谷は若手棋士との対局もかなり楽しむタイプ。零との対局も「もしもしあなたは誰ですか?」と問いかけるように盤面を動かしていきます。力の差は歴然で、痛恨の一手を指してしまう零ですが、その後、零が最善手を指し続けることでお互いに通じ合うものを感じ、感想戦はほぼ無言で進められていきます。

この二人は、棋風にしろ雰囲気にしろどこか重なるものがあり、零にとっては目指すべき位置=宗谷なのだと思います。宗谷も自分と重なる部分を持つ零のことをどこか特別に感じているのではないでしょうか。

『3月のライオン』桐山零の段位や年収は?ひなたとの気になる恋愛関係も考察

2017-02-27

【名人戦二局目】宗谷冬司v.s.土橋健司

この二人もどこか相通ずるものがある二人です。幼いころから土橋の前には常に宗谷が立ちはだかっていました。優勝=宗谷、準優勝=土橋という感じですね。どんなに頑張っても土橋の上には宗谷がいるという状況を土橋のご両親は辛く思っていました。

が、本人たちは決してそんな風に思ってはいないようです。宗谷は天才棋士ですが、土橋は努力の天才。二人の天才同士が火花を散らせば、思わぬ化学反応が起こるというもの。この名人戦二局目でも土橋は寝る間も惜しみ、1日24時間のうち使える時間はすべて将棋の研究に捧げ、これ以上研究しようがないというところまで突き詰めたにも関わらず、二人で将棋を指したことにより、新たな扉が次々に出現したのです。

普通、こんな状況になれば、心が折れそうになるもんですが、なんと二人とも見たこともない景色が広がっているかもしれない扉の向こう側が気になって気になって仕方がない様子。勝利とか敗北とかそんなのはそっちのけ!二人で新しい扉を開ける研究会を開く約束をしたというのです!