『3月のライオン』努力の人・島田開の名言&川本あかりとのフラグ考察





羽海野チカの漫画『3月のライオン』の中で特に人気なのが、読者人気投票で3位に輝いた島田開。一見地味な島田開ですが、登場回数はかなり多く、主人公の零よりも目立ってしまっている回も!しかも本作の女神とも言われる川本あかりとの関係に発展フラグが!! 島田開の名言と川本あかりフラグの件を考察します。

『3月のライオン』島田開とは?


出典:TVアニメ「3月のライオン」公式Twitter

島田開が原作『3月のライオン』の中で初めて登場したのは、第3巻のchapter27「扉の向こう」。以降、3巻~5巻前半までほぼ島田開メインで話が進みます。そしてその後、再び棋匠戦で柳原と対戦したり、12巻ではとうとう『3月のライオン』のみんなの女神・あかりとのフラグまで!? 主人公の零の人気をも上回りそうな島田開の魅力は、名言の中に隠されていました!

【関連リンク】アニメ『3月のライオン』はhuluで全話配信中!

努力の人・島田開の名言

島田開は、古来から存在するスポ根漫画などによくみられる、いわゆる努力を美徳とするキャラです。王道とも言える使い古されたキャラといえば…そうなのですが、島田開には現代においても輝ける魅力があります。

『「縮まらないから」といってそれがオレが進まない理由にはならん』

『「縮まらないから」といってそれがオレが進まない理由にはならん』

(出典:羽海野チカ 漫画『3月のライオン』4巻)

なんと天才棋士と言われる宗谷と同級生という星の下に生まれた島田開。幼いころから常に宗谷の背中を見つめてきました。島田の目からみて、宗谷は天才ですが、努力も怠らない人と映っているそう。こちらがどんなに努力しても差が縮まらない…だからと言って、自分が手を抜く理由にはならないと言っています。

島田開は宗谷のことを超えられない壁だとは思っていないんですね。希望を捨てず、懸命に努力を続ける島田開の熱量に圧倒されます。

『3月のライオン』天才棋士・宗谷冬司は神 or 悪魔!?

2017-03-31

『笑えたのは夢の中でも将棋を指していた事 それでも棋士になりたかったと悔やんでやっぱり胃を痛めていた事』

『笑えたのは夢の中でも将棋を指していた事 それでも棋士になりたかったと悔やんでやっぱり胃を痛めていた事』

(出典:羽海野チカ 漫画『3月のライオン』4巻)

島田開がやっと宗谷との対戦切符を手に入れ、ホテルで休んでいたときに見た夢の中での名言。その夢の中で島田開は故郷で鍬を持ち、農業にいそしむ男性に変身しています。将棋の夢に破れ、故郷で仲間たちに囲まれて穏やかな日々を送る島田開。しかし、それでも棋士になりたかったと将棋をさし、胃を痛めているという…どこまでもいっても島田開はプロ棋士なんだと証明するような名言です。

『恐いながらも通りゃんせ通りゃんせ♪』

『恐いながらも通りゃんせ通りゃんせ♪』

(出典:羽海野チカ 漫画『3月のライオン』5巻)

結局、宗谷との対戦に負け、故郷のじっちゃんらに顔向けできないと悩んでいた島田開。しかし、故郷はそんなに冷たいものではありませんでした。じっちゃんらは「変わんねぇ…大丈夫だから 焦るな 開」と優しく島田開を送り出します。その言葉を受け、島田開はまた、新たな勝負の世界へと足を踏み入れるのです。

女神・あかり&島田開フラグは間違いない!?


出典:TVアニメ「3月のライオン」公式Twitter

12巻で二海堂に誘われ三日月堂が出店している夏祭りに足を運んだ島田開。そこで島田開は初めてあかりと出会います。この二人、主要キャラ同士なのに、なんと12巻まで出会っていなかったんですね~。

『3月のライオン』もはや女神!川本あかりの魅力&恋愛徹底考察

2017-03-02

島田開の過去=婚約者がいた!

4巻のchapter41「京都②」にて、島田開が夢を見ているシーンで明かされたのは、過去(5年前)に婚約者がいたということ!確かに、これだけの棋士ですし、基本他人には優しく人格者である島田ですから、婚約者がいたとしてもおかしくはないですよね。夢の中では子どもまで抱いちゃってます。

あかりとの出会い

夏祭りに呼ばれた二海堂は、島田開を祭りに呼ぶことにします。三日月堂の出店までやってきたとき、売り子をしているあかりと出会います。そのとき、島田開はあかりの差し出すレモンゼリーを食べ、「うまいな」と一言。

このところずっと胃痛が続いていた島田開でしたが、あかりの特製のレモンゼリーを食べた途端、胃痛が消えていることに気づきます。

さすが雨男の島田開!夏祭りに突然のスコール!

島田開は、いろんなイベントに顔を出すごとに見事に雨を降らせる正真正銘の雨男です。今回も島田開登場により夏祭りは突然のスコールに見舞われます。そこで、転びそうになるあかりを助けようと、林田先生と島田開が二人であかりの左右の腕をとって支え合うという超ドラマチックな展開に!!