マンガ大賞ノミネート!『約束のネバーランド』の続きが気になって仕方ない





優れた漫画に贈られる賞は数あれど、近年特に注目度が高いのはマンガ大賞。出版社の事情を鑑みず、一般の読者目線で本当に面白い作品が選ばれるというスタイルが支持されているのでしょう。2017年も13作品がノミネートされました。今回はその中から白井カイウ原作・出水ぽすか作画『約束のネバーランド』をお届けします。

2017年マンガ大賞にノミネート!『約束のネバーランド』とは?


出典:少年ジャンプ編集部公式Twitter

2017年マンガ大賞にノミネートされた『約束のネバーランド』は、集英社『週刊少年ジャンプ』にて2016年35号より連載中です。原作・白井カイウ×作画・出水ぽすかの二人がタッグを組んだ作品。

舞台は2045年の孤児院グレイス=フィールドハウス。優しい世話係のママ・イザベラを慕い、38人の子どもたちが暮らしています。主要登場人物は、いずれも11歳のエマ(女)、ノーマン(男)、レイ(男)の三人。エマとノーマンはある出来事をきっかけに、GFは孤児院ではないということを知ってしまいます。

魅力的なキャラと衝撃的な設定、頭を使う心理戦の攻防劇に数多くの伏線が絡み合い、続きが気になる作品と話題の本作の魅力をお伝えします!

魅力1┃エマをはじめ、キャラが魅力的

『約束のネバーランド』の第一の魅力は、キャラが魅力的というところ。連載当初(1巻冒頭部分)は、設定の説明や背景の説明にページを割かれた感がありましたが、徐々にキャラが立ってきて、2017年3月現在(『ジャンプ』で31話まで掲載)ではエマ・ノーマン・レイそれぞれにファンがついています。

特に、エマは当初から主要キャラの中で唯一天真爛漫で可愛いと話題に。しかしそこが逆にキャラ立てが薄いかと思われましたが、30話でのノーマンの出荷という非情な事態を受けて、もしかしたらキャラ転換し、より力強い主人公へと成長していく可能性を感じられます。

本作は登場人物たちを取り囲む状況がどんどん変わっていく物語なので、それによってキャラ変換が見られるかもしれないところも見どころの一つ。固定キャラに思い入れすればするほど、後々に受ける衝撃は凄まじいですよね。中には泣きながら連載を読むファンもいるほど、読者をハマらせるキャラたちが『約束のネバーランド』の中にはいるのです!

魅力2┃『週刊少年ジャンプ』なのに設定が衝撃的!!

毎週何となく買っている『週刊少年ジャンプ』。少年誌なので、キラキラしたスポーツ系漫画や王道バトル系漫画やギャグ漫画などが人気です。『ジャンプ』では人気が出るとなかなか連載を辞められないという掟があるらしく、長寿漫画があるというのも特徴の一つ。

しかし、『約束のネバーランド』は連載当初から『ジャンプ』の中で異彩を放っていました。筆者など思わず『ん?これジャンプよな?』と表紙を確認してしまったほどです。本作は初回から「おもしろくなりそう!」という期待感がふつふつと沸きあがってくるほどの出来で、しかしそれは『ジャンプ』の中ではあまり感じたことのない種類の期待感でした。

人間の子どもを食う仮称・鬼が出てくるという設定、ホルマリン漬けっぽい女の子の画がバーンと登場する衝撃、信じていたママが実は鬼とグルで子どもたちを鬼に食わせるためだけに愛情をかけて育てているという異常さ…すべてが「これ、ジャンプで掲載して大丈夫?」と心配になるレベルなのです。