食わず嫌いで見逃すのはもったいない!園子温監督のオススメ映画BEST5





通俗的意識を無視したメッセージ性や独特な作風が評価されている日本映画界の問題児・園子温監督。万人受けする作品が少ないため、「観たことないけどなんかあの人の映画苦手かも」なんて声を聞くことも。今回は、そんな園子温監督の作品をまだ観たことがないという方のために、オススメ映画BEST5をご紹介します。

否定的な人すらも惹きつける魔力

園子温監督といえば、その作風から問題作と呼ばれる作品が多いことで有名です。受け付けない人は本当に苦手らしく、「自己満足の世界」と批判されることもしばしば。ですが、映画が個々人の“作品”である以上、自己満足が発生するのは当たり前で、そこに含まれる意識や価値観をどこまで読み解いていくかによって楽しみ方は多様に及びます。

だからこそ、否定的な人達もなんだかんだ言いながらも、新作が発表される度にわずかな期待を抱いて彼の作品を観に行くのかもしれません。これを機に、園子温という一人の人間の頭の中を覗いてみてはいかがでしょうか。

第5位『冷たい熱帯魚』(2011年)

実話をベースに狂気を晒す


冷たい熱帯魚 [DVD](出典:Amazon)

グロテスクな描写と主人公が徹底的に追い込まれるというストーリー展開で、賛否がはっきりと分かれるほど観る者を選ぶ今作は、1993年に発生した埼玉愛犬家連続殺人事件がベースになっています。

実話をベースにしているというだけあり、どこにでもいそうな登場人物たちから徐々に滲み出してくる狂気には息を呑むリアルな“凄み”があります。「グロいのはちょっと無理・・・」という人にはあまりオススメできませんが、誰もが奥底に潜ませているであろう狂気が姿を現す瞬間を見せてくれる今作は一見の価値アリです。

夢に出てきそう・・・でんでんの怪演

これまで「優しいおじさん」「面白いおじさん」といった印象を残す役どころが多かったでんでんですが、今作では主人公・社本の狂気を引き出す、邦画史上最恐とも言われる村田を演じています。何が恐いって、普通のおじさんなんです、村田が。

普通に熱帯魚店を営んで、普通に食事して、普通に人を殺して、普通に談笑して、普通に死体を解体して、普通に買い物して、普通に他人の人生を狂わせて・・・まるで生活の一部であるかのように残虐なことを淡々と行っていく姿はトラウマです。夢に出てきます。日本アカデミー賞をはじめ数々の賞レースで助演男優賞を受賞した怪演をぜひ。

第4位『ヒミズ』(2012年)

少年と少女が存在意義を自問し続ける異形の作品


ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD](出典:Amazon)

人気漫画家・古谷実の同名作を実写化した今作ですが、製作前に起きた震災を目の当たりにした監督により、設定は改変されています。物語の舞台は震災直後の日本となり、登場人物たちの設定も変えられているため原作ファンからは批判もあるようですが、1本の映画としては満足できる内容になっています。

家族に見捨てられた少年と、家族から死を望まれる少女が自分自身の存在意義を問い続けた先に何があるのか?その目で確かめてみてください。

若手2人の才能が光る

今作を語る上で絶対に外せないのが、当時18歳と16歳だった染谷将太と二階堂ふみの存在です。今作以前にも複数の作品に出演経験があったものの、まだまだ若手に位置付けられていた2人ですが、脇を固めるベテラン勢を圧倒するほどの存在感を見せつけてくれます。

「これは演技じゃなくて本物の感情なんじゃないか?」と思ってしまうくらいの、若々しくも重みのある2人のやり取り。破滅的で先の見えない暗闇の中で、ほんのかすかに光る小さな希望を見事に表現した2人を見るだけでも、今作を観る充分な理由になります。

第3位『ラブ&ピース』(2015年)

一匹の亀に人間の本質を映した寓話的作品


ラブ&ピース スタンダード・エディション(DVD)(出典:Amazon)

監督初となる特撮を駆使した今作はファンタジーでありながらも、人間の醜さを一匹の亀に映した、意欲的な風刺映画になっています。手前勝手な欲を満たすために多くの生命を犠牲にしてきた人間への皮肉をたっぷりと込めながらも、亀が巨大化するという一見するとトンチンカンな設定を活かした満足度の高い怪獣映画としてもオススメできます。

ティム・バートン監督の『バットマン リターンズ』を思い出させる下水道での物語は、クスりと笑わせてくれながら、自分の愚かさに気づかせてもくれます。